今の住まいから考えること

住まいは賃貸か購入か

昔から住まいを賃貸にするのと購入するのではどちらが得か、といった議論がよくなされています。
損得で考えるのではなく、単に賃貸派、購入派の意見を聞いているのも面白いです。
経済性においては購入派に軍配が上がりますが、いつでも気軽に引越しができるという気楽さ、精神面では賃貸派の言い分にも一理あります。
私はやはり経済性を考えても購入派で、賃貸が良いという人の意見は負け惜しみのように聞こえて仕方がありませんでした。所詮マイホームを購入できるだけのローンが組めない人が、賃貸の良さを無理矢理探して言い募っているだけではないか、そんな風に感じていたのも事実です。

しかし定年退職をして悠々自適を送っている周囲の知り合いの中に、わざわざマイホームを売却して賃貸暮らしを始めている人が意外にも多いことに気付き、賃貸の良さが見直されてきているのかもしれないと最近思うようになりました。私にとって住まいが借り物というのは耐えられないことですが、そんな考えはもう古いのかもしれません。例え借り物であってもきちんと家賃を支払って住んでいる以上、理不尽にも追い出されることはありません。入居者には居住権というものがあり、家主の都合で簡単に追い出されないよう法で保護されています。
それにマイホームもローンを払い終えるまでは実質借り物と同じです。
しかも土地のないマンションなどは、ローンを払い終える頃には資産価値がほとんどないという状態になります。
生活スタイルの変化に応じていつでも転居できる賃貸は、これからの時代に合っているのかもしれません。

Copyright (C)2017今の住まいから考えること.All rights reserved.